since 2006.09.02


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
Flourish
Flourish (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
スパイラルライフにとってとても重要な位置にある3rdアルバム「FLOURISH」。やっと世間に注目され始めたころではないだろうか。やはりこのアルバムが浮上してきたのはスパイラルライフの名曲であり代表曲とも言える「GARDEN」の存在が大きいと言える。一般に、スパイラルライフって言えば?=GARDENというイメージなのではないだろうか。当時ファッションバラエティー番組「浅草橋ヤング洋品店」でも使用された。USの油ぎった匂いがプンプンする荒いガレージっぽさと、車谷さんの描く全英詞が見事にマッチし、ギターポップからロックへ豪快にシフトチェンジして、完全に許容範囲をオーバーした初期衝動を放っている。

この作品でフルアルバムの3枚目を迎えるが、本人達から言わすとスパイラルライフ3部作の内の最終章らしい。アルバム名である「FLOURISH」とは「花が満開」ということで、ある意味それは「最頂点」であり、逆に終わりを告げているようにも解釈できる。1stや、2ndのように2人で作品を作り上げるというよりも、車谷さん、石田さんが独自の世界感を見せている感じもする。 車谷さんにとって「CHEEKY」と「NERO」は特別な思い入れのある曲のようだ。それは歌詞からもわかるように何の飾りもなく綴っていること。今まで二人称のテーマは少なかったので、ここまで深いく掘り下げた事に心境の変化も伺える。

クレジットを見てみると前回のミニアルバム「FREAKS OF GO GO SPECTATOR」でリミックスを担当した「RON SAINT GERMAIN」が今回も「MAYBE TRUE」、「HERSEE'S CHOCOLATE」の2曲をリミックス。原曲を損なわないバランス調整と言った程度のリミックス。

シングルのGARDENは、アルバム「FLOURISH」の約2ヶ月後にリリースされている。アルバムの反響が大きかったので、後からプレスしたようだ。

僕はスパイラルライフの中で、#4「I SAW THE LIGHT」が一番大好きな曲で毎晩遅くまで聴いてました。石田さん作詞作曲で、車谷さんのリードボーカルな曲にハズレはありません。石田さんが敬愛する「Todd Rundgren」にも名曲として同タイトルがあります。故に同タイトル名を付けた事に思い入れも強かったのではないかと勝手に推測してます。この曲を聴く度になぜか切なく寂しい気持ちになり、ついつい浸ってしまいます。詩は「人生は万華鏡のように一度足りとも同じところには戻らない」といった意味合いがあるらしい。

石田さんはスパイラルライフ以降のプロジェクトで何度か「I SAW THE LIGHT」「DANCE TO GOD」「STEP TO FAR」などセルフカバーを演奏してくれてます。

車谷さんも一度だけAIRの時に「GARDEN」をアコースティックで演奏してます。2005.09.18下北沢440(four forty) 「秋のとーべん祭り」で、当時スパイラルライフのベースをサポートしてくれた湯川とーべんさんに無理やり?唄わされてました。これが最初で最後のセルフカバーでした。

帯のコメント

始まりの終わりと始まり

スパイラルライフが新たに見つけた場所は

太陽と大地、水と空気とROCKと花

疾走しろ、スパイラルライフ!

車谷
「お花満開とか到達地点、あるいは達成というような意味なんですけど。過去の作品で実験室のようにいろいろなことをやってきて、そしてたどり着いたこのアルバムでスパイラルライフっていうのは良くもわるくもこーにしかならねーぜ!っていうのをバーンと打ち出せたと思うんでね。」

石田
「悩まなかったしね。何も悩まないでこれだけのものが出来たっていうのはいいことだよね。『FROURISH』っていうタイトルどおり満開に咲けたかな、という。」
RECOMMEND
SPAWN
SPAWN (JUGEMレビュー »)
AIR,AIR,AUDIO ACTIVE,AUDIO ACTIVE,MEAT BEAT MANIFESTO,カーティス・マントロニック,エイドリアン・シャーウッド
SPAWNのイメージアーティストとして抜擢され、車谷さんが大ファンであった「audio active」とのコラボレーションで完成された「SPAWN」の2枚組みピクチャー盤仕様ミニアルバム。audio activeによるリミックスはAIRのファーストアルバム「WEAR off」でも2曲提供されている事から、いかに車谷さんが気に入ってるがわかる。DISK1ではaudio activeとAIRによる共作を4曲。DISK2ではAIRのセカンドアルバム「MY LIFE AS AIR」の中から錚々たるアーティストがリミックスを手掛ける。今までのAIRのスタイルとは正反対の音なので、当時のファンは戸惑ったのではないだろうか。少々癖があるものの車谷さんのギターの色もしっかり残していて、今聴いても古臭さを感じないリミックスだと思います。

DISK2の1曲目では、なんとUKのダブ、レゲエシーンの大御所Adrian Sherwoodとaudio activeによる「die hard [polluted air mix]」が収録。これがまた二人の色が出ていて、深海をイメージさせる様なかなり良い仕上がり。以前audio activeのシングル「Free The Marijuana」をAdrian Sherwoodがプロデュースしたことから交流があったようです。(尚そのシングルはイギリスにてDJチャート1位を獲得)

2曲目の「everything, or everyone and everything, or peace[dis way mix]」では、これまたレゲエ・テイスト、ブレイクビーツで人気の「meat beat manifesto」がリミックス。こちらも心地良いダブステップ全開の仕上がり。

3曲目の「the Great Water,Gun Fight [mantronik single bullet formula] 」は. エレクトロ、ヒップホップでお馴染みの「Kurtis Mantronik」がリミックス。原曲を損なわず車谷さんのヴォーカルを生かした形の作品となっている。
RECOMMEND
FREAKS OF GO GO SPECTATOR
FREAKS OF GO GO SPECTATOR (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
車谷浩司、石田小吉のソングライター、プロデューサーのチーム名をそのままタイトルにした「FREAKS OF GO GO SPECTATORS」。このミニアルバムの位置付けは、FURTHER ALONG、SPIRAL MOVEの作品に一区切りを付ける為に作られた企画ものセルフカバー集。帯には「SPIRAL LIFEの自画像」と書かれている。数々の名曲をもう一度見直す為に作られたのであろうF.O.G.G.Sの名にふさわしいアルバムとなってます。

ストリングス、アレンジには大御所「PAUL BUCKMASTER」を起用。デヴィッドボウイ、トレイン、エルトンジョン、その他映画のサントラなどのアレンジを主に手掛け、12モンキーズ、ディズニー映画のムーランなどを手掛けている。弦楽器を主にクラシック、ジャズチックで唸るようなストリングスのアレンジが特徴。ちなみにBUCKMASTERのアレンジはM1〜M3の曲のみです。「THE ANSWER」はレコーディングやLIVEなどに参加しているソリッドブラス(管楽器主体のバンド)の「村田陽一」さんがアレンジしてます。そしてMIXには、SONIC YOUTH、SOUND GARDEN等を手掛ける「RON SAINT GERMAIN」が参加。こちらは車谷さんが希望したのでは?と推測できますね。となると残りの最後の「GARDEN」は石田さん自らMIX?それとも寺田さんなのか?これだけはクレジットに何も記載されてないので分かりません。元AIRのドラムの「佐野康夫」さんもこのアルバムよりクレジットされました。又、ジャケットデザインは「河原光」さんが担当。やはり抜群なセンスを感じますね。

超豪華なメンツに囲まれたこの作品は、何回聴いても飽きのこない、上品で大人な雰囲気の落ち着いた仕上がりとなってます。夜更けに酒をたしなみながら、ジックリ腰を据えて聴く名曲たちも、別の角度から聴けばまた新たな発見があると思います。

スパイラルライフの代表曲と言っても良い最後の「GARDEN」は、アコースティックでシューゲイザーの要素もある、なんとも切ない感じに仕上がりで原曲と甲乙付け難い。後追いファンとしては、FLOURISHに収録されたロック調の「GARDEN」よりもこちらが先にリリースされているのがなんとも不思議ですが、車谷さんのインタビューでは、これは3rdアルバム(Flourish)に入る予定のデモバージョンと言ってます。


何度聴いても飽きない名作。この作品から抜け出すにはかなりの時間を費やすと思います。僕も相当ハマリました。

車谷
「そろそろ一区切りつく時期だから、楽曲を主体とした作品を残したかったんです。世の中にはこんなにいいメロディと歌詞とハーモニーが存在するんだぜ、つーのを強調した音作りで」

石田
「まず一つは、僕らのメロディの中にあるどこかしらノスタルジックな部分を生かすには、こういう方法を採るのが一番いいんじゃないかって考えがあったのと、二つ目は、単に僕が弦フェチだっていう(笑)」
RECOMMEND
MY LIFE AS AIR
MY LIFE AS AIR (JUGEMレビュー »)
AIR
AIRのアルバムは数あれど、「AIRを知らない人に何のアルバムを貸しますか?」と言われたら、僕は迷いなくこのアルバムを差し出す。アルバムのタイトルが示す通り、セカンドアルバムにしてAIRの集大成を表現した「金字塔アルバム」と言っても過言ではない。ややキレながら放つメッセージはとても力強く、ストレートに強烈な印象を植え付ける。反面、車谷浩司の心情が青く映し出された楽曲も多く、ファーストアルバムとはまた違った振り幅のある仕上がりになっている。ハードコア、グランジ、パンクロック、フリージャズとジャンルが入り混じった後の、アルバム最後に見せたオープンニング回帰的な夢心地構成には圧巻。「PROMISE SONG」の幻想的な歌詞と、異国のノスタルジックな曲調に合わせた車谷の囁く歌い方が、本当に気持ち良く心に染み渡る。

AIRファンなら誰もが「TODAY」の様な二人の甘いやりとりを夢見たのではないだろうか。

「大好きな人と一緒に聴きたい...」

そんなアルバムです。
激しい縦揺れの楽曲で使用したギターは「ジャガー」で、あとの曲は「ジャズマスター」で補っている。ちなみにこの当時使用していたジャガーはフェンダージャパンだが、既にこの頃からピックアップをダンカンのホットレールに換えて改造が施されている。フロントピックアップのプリセットスイッチの回路を大胆に取ってしまったのも大きな特徴で、以後AIRのラウドな楽曲では欠かせないギターとなる。

このアルバムのほとんどの楽曲に元ネタが存在しており、車谷浩司のフィルターを通した楽曲が多い。そういった面でも本当に骨の髄まで楽しめるアルバム。ぜひ元ネタを調べて車谷浩司のルーツに触れてみて欲しい。※当BLOG「車谷浩司ディスクガイド」参照。
RECOMMEND
WEAR OFF
WEAR OFF (JUGEMレビュー »)
AIR,audio active
スパイラルライフ活動休止後、1996年に発売された作品。「ブレイク寸前だったスパイラルライフをどうして活動中止にしたのか?」が、この一枚を聞けば一発で理解できる。狂気に満ちたハイテンションで、奇声、罵声、怒号が飛び交う注目の一曲目はカセットテープのMTR(8ch)で録られたRainbow...まったく曲になってない。そして、病的な愛情を死んだカート・コバーンに注いだ曲の数々。そんな問題作のAIR ファーストアルバム。ブレイク寸前だったスパイラルライフでファンも沢山増えただろうに...。そんなファン達を攻撃的なノイズまみれの轟音で一気に削ぎ落とす。このCDを手にしたスパイラルからのファンは、誰もが「間違えて買った」と自分の耳を疑ったに違いない。デビューミニアルバムを聴いた時より大きな衝撃。BAKU、SPIRAL LIFEで見せなかった「車谷浩司」の感情をストレートに奏で、今後の方向性をしっかり示した道しるべ的な作品。

自宅でしっかりデモテープを作り「Under the sun」なんかは本人のドラムマシーンを駆使してNirvanaのそれっぽい雰囲気を出している。レコーディングには渡辺等、佐野康夫、山崎岳夫が参加。「Communication」はコミュニケーションとるのが苦手の本人が、死んだカートコバーンに向けて歌った曲。「Doubt」もカートに対するオマージュ的な曲と言っていい。ライブを想定して作り、アルバムの中では最後の方で作ったというのが意外。評判の良い「No kidding?」は一発録りでグルーヴ感がたまらない。「7&4」は本人が好きな数字。「Hair do」は「シングルカットを想定して作った曲」という記事もあるが、「シングルとして出すならしっかりとした形でとりたい。」と言ったインタビューもある。なぜシングルとして発売しなかったのかは不明。正式名称は「Hair Do - HIGH BLOOD PRESSURE」と思われる(JASRAC登録)。他曲同様にこれも自宅のドラムマシーンで打ち込み。このアルバムに収録されたほとんど曲は後期のライブで演奏することはなかったが、「Hair do」だけは演奏され続けたAIRの代表曲とも言えるシューゲイズな名曲。もうライブでこの曲が聴けないと思うと悲しくてしょうがない...。PVは車谷本人の意見が大きく取り込まれ、今は亡き愛犬「NERO」も出演している。最後のオーディオ・アクティヴがリミックスした「AIR」はボーナストラックの様な位置らしい。
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

PSYCHEDELIC BUS

車谷浩司さんを主軸にShoegazer、Indie pop関連を扱ったblog
サイケデリックバス
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
「PSYCHEDELIC BUS」of the year 2014
 
JUGEMテーマ:音楽


『PSYCHEDELIC BUS』
 
of the year 2014


サイケデリックバスが選んだ2014年のベストトラック!!
今回は16曲

今年は振り返るとあまりライブも行けなかったし、音楽もゆっくり聴けてませんでしたが今年も沢山の名曲がありました。例年のごとく内容はシューゲイザー、ドリームポップよりのチョイスでドォゾ!


【厳選基準】
・2014年に発表された曲
・アルバムではなくベストトラックという形で順位を決定
・比較的聴き易いものを選曲したつもり
・リマスター、リイシューなどは基本的に対象外






16位

Magic Love  / Growing Organism




15位


2014年に発売されたLaika Came Backのシングル「逆光」。重苦しくもあり、神々しくもある強い決意を表した歌詞が印象的。2ndアルバムのラストを飾っても良いくらい壮大な曲。次のアルバム待ち遠しいナ。


14位

Homecomings / I Want You Back




13位

DIV I DED / Frozen

https://www.youtube.com/watch?v=vfDuIkNCi6s



12位

Elemental Gaze / God Knows Why This Should Be Kept For All The Time




11位


Vibragun / Send Me To Dream



10位

The Raveonettes / Endless Sleeper

https://www.youtube.com/watch?v=TXMt5ajaEd8


9位

Asalto Al Parque Zoológico / Sonnen



8位

Beverly / All the Things

https://www.youtube.com/watch?v=ezRL4nSXtCQ



7位

The Yearning / Dreamboat




6位


Juvenile Juvenile / Forget Me Soon




5位


Oeil / Blurred Lights

※リンクなし



4位




Aerofall - Nice

今年、同レーベルのVibragunと一緒に来日してくれたロシアのシューゲイザーバンド。ライブでは気だるい感じで歌うキュートな女性ボーカルと、ひたすらタンバリンを叩き続けるミスタータンブリン・マンが印象的。完成度の高い1stアルバムが今年発売。Vibragun同様これから期待大のシューゲイザーバンド。



3位





Boyish / My Secret Hills Forever

実力は折り紙つきのBoysh。インディーズを出てしまわない絶妙なさじ加減が今回の2ndアルバム「Sketch For 8000 Days Of Moratorium」。アルバムからどの曲を選ぶか迷ってしまうくらい捨て曲がない。多くの若い世代に聴いて欲しい。



2位




きのこ帝国 / Telepathy/Overdrive
https://www.youtube.com/watch?v=Qm0tecPKI-0

まさかここまできのこ帝国がのし上がってくるとは思わなかった。アルバム「フェイクワールドワンダーランド 」は完全にメジャーな仕上がり。1曲目の「東京」もいいけど、「Telepathy/Overdrive」は一度聴いたら口ずさみたくなる歌詞と軽快なメロディ。




1位






Gold-Bears / Hey, Sophie


アトランタのバンド。これは何回も聴いた。果てしなく脳内に広がるエバーグリーン。この曲が収録されたアルバムにはパンクなアップテンポでシャウト気味な曲ばかりでビックリ。だからこそこの曲が際立っていた。Pains of Being Pure at Heartが好きな方に是非!



【関連記事】
・PSYCHEDELIC BUSが選ぶ2012年のベストトラック 「PSYCHEDELIC BUS of the year 2012」
・オレ的今年の年間ベストトラック!PSYCHEDELIC BUS of the year 2013




| 「PSYCHEDELIC BUS」of the year 2014 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
多くのLaika Came Backファンに見て頂きたい韓国のファンによる貴重なライブレポート(2014/12/13大阪cafe Room)
 






二度とも見られないような

目覚めたら感じられる消せない余韻の虚しさ





車谷さんのライブレポートが書かれたBLOGを紹介したいと思います。
今回紹介するBLOGは...

「Photographic Eyes&Musical Minds」
http://blog.naver.com/niltohero/220211038051


こちらのBLOGを書いてるNiToHeroさん(ジュンさん)は韓国人の方です。
今まで二回日本に遊びに来た事があり、日本のロックミュージックを沢山聴いてくれてます。

韓国では日本のロックミュージックを紹介する「DIVIBOGI」という名前のウェブサイトがあり、韓国でも有名な日本のミュージシャンのX Japan、GLAY、L'Arc-en-Cielなどより、筋肉少女帯、D'ERLANGERなど、もう少し掘り下げた音楽を紹介してくれてたそうです。

ジュンさんが高校生3年生の時、そのサイトではAIRのONE WAYが紹介され車谷さんの楽曲を初めて聴きました。それは他のミュージシャンよりもビックリされたそうで、日本に行く知り合いにCDの購入を頼んだとか。

そこからSpiral Life、BAKUまで掘り下げ、車谷さんの楽曲にどっぷり漬かる姿はまさに日本のファンが辿るルートと一緒で、現在のLaka Came Backももちろん聴いてくれてます。

そして今回12/13に行われた Laika Came Back のライブを観に、日本へ遊びに来てくれました。そのライブレポートがジュンさんのブログにアップされてます。

そのレポートは、韓国語と上手な日本語の両方で書かれており、その表現豊かなレポートに関心してしまいます。同時にとても純粋な車谷さんのファンなんだというのが読み取れ、ジュンさんの人柄もにじみ出ています。

長文で読み応えありますので、多くのLaika Came Backファンに読んで頂きたいです。往年のファンならば「Landed」や「Further Along」「AIR EP」などのCDを引っ張り出して夜を明かしたくなる様な、「自分にもこんな純粋に聴いてた時期があったなぁ...」と懐かしく感じる様な気持ちになります。

12/13の大阪公演後にサインを戴いた時には、韓国のカフェでライブをやると約束もしてくれたそうです。

いつかそんな日が来る事を願ってます。


※上記リンクはライブレポートの直リンクとなってます。












| Laika Came Back | 11:42 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2014.11.22 Laika Came Back 南青山MANDALA
 






2014.11.22 Laika Came Back 南青山MANDALA
OPEN 17:00 START 18:00
チケット:¥4000(1drink included)

車谷浩司:Cozy(Vo,Guitar)

SET LIST

一部
01.Ride On The Secret
02.桜花
03.Snadai Khmer
04.When Your Wings Forget How To Fly(新曲)
05.新緑の候(仮)
06.Only This Moment(Röyksopp)
07.Bears(仮)
08.Trace
09.Southern Cross

二部
10.George
11.あいうえお
12.A horse with no name(America)
13.Landed
14.駿馬
15.終電車
16.逆光

-en-

Falling Slowly(Glen Hansard & Marketa Irglova)



・When Your Wings Forget How To Flyは既に2verレコーディング済み。アルバムはどちらかが入る予定。
・来年はアルバムが出ると思う。
・1stリリース後はライブを磨いて来た。
・感謝の人生。


Laikaになってからは2回目の南青山mandalaの公演。この箱は100人ちょっとしか入らない小さめな箱。場所柄結婚式の二次会などにも使用されるような落ち着いた雰囲気があります。逆に言うと重く堅苦しい空気がライブ前から流れている。

今回のLCBは前回にも増して緊張感のあるショーでした。
車谷さんが敢えて作り上げる張り詰めた緊張感。
その状態を楽しんでる様にも思えた。
それくらいの余裕もありました。
グイグイ引き込まれるものがありました。

mcでは珍しく色々な事を話してくれました。1stリリース後から現在までのライブ構成や、2nd製作状況など。

二部の一曲目「George」はワインを飲み、リラックスモードでアカペラを披露。細かい実験的なアレンジはどの曲にも健在。特に今回はTraceのアレンジが良かった。逆光を歌いきる車谷さんの歌声にはジーンと来ました。きっと2ndの最後を飾るナンバーだと思います。

完璧なLaikaCameBackの世界観。自分が行ったLCBのライブの中で3本の指に入る素晴らしい内容だったと思います。このライブが今年の見納めだと思うので、後味のよい締めくくりができました。





| LCB LIVE HISTORY | 01:22 | comments(6) | trackbacks(0) | |
| 1/231PAGES | >>