since 2006.09.02


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
Flourish
Flourish (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
スパイラルライフにとってとても重要な位置にある3rdアルバム「FLOURISH」。やっと世間に注目され始めたころではないだろうか。やはりこのアルバムが浮上してきたのはスパイラルライフの名曲であり代表曲とも言える「GARDEN」の存在が大きいと言える。一般に、スパイラルライフって言えば?=GARDENというイメージなのではないだろうか。当時ファッションバラエティー番組「浅草橋ヤング洋品店」でも使用された。USの油ぎった匂いがプンプンする荒いガレージっぽさと、車谷さんの描く全英詞が見事にマッチし、ギターポップからロックへ豪快にシフトチェンジして、完全に許容範囲をオーバーした初期衝動を放っている。

この作品でフルアルバムの3枚目を迎えるが、本人達から言わすとスパイラルライフ3部作の内の最終章らしい。アルバム名である「FLOURISH」とは「花が満開」ということで、ある意味それは「最頂点」であり、逆に終わりを告げているようにも解釈できる。1stや、2ndのように2人で作品を作り上げるというよりも、車谷さん、石田さんが独自の世界感を見せている感じもする。 車谷さんにとって「CHEEKY」と「NERO」は特別な思い入れのある曲のようだ。それは歌詞からもわかるように何の飾りもなく綴っていること。今まで二人称のテーマは少なかったので、ここまで深いく掘り下げた事に心境の変化も伺える。

クレジットを見てみると前回のミニアルバム「FREAKS OF GO GO SPECTATOR」でリミックスを担当した「RON SAINT GERMAIN」が今回も「MAYBE TRUE」、「HERSEE'S CHOCOLATE」の2曲をリミックス。原曲を損なわないバランス調整と言った程度のリミックス。

シングルのGARDENは、アルバム「FLOURISH」の約2ヶ月後にリリースされている。アルバムの反響が大きかったので、後からプレスしたようだ。

僕はスパイラルライフの中で、#4「I SAW THE LIGHT」が一番大好きな曲で毎晩遅くまで聴いてました。石田さん作詞作曲で、車谷さんのリードボーカルな曲にハズレはありません。石田さんが敬愛する「Todd Rundgren」にも名曲として同タイトルがあります。故に同タイトル名を付けた事に思い入れも強かったのではないかと勝手に推測してます。この曲を聴く度になぜか切なく寂しい気持ちになり、ついつい浸ってしまいます。詩は「人生は万華鏡のように一度足りとも同じところには戻らない」といった意味合いがあるらしい。

石田さんはスパイラルライフ以降のプロジェクトで何度か「I SAW THE LIGHT」「DANCE TO GOD」「STEP TO FAR」などセルフカバーを演奏してくれてます。

車谷さんも一度だけAIRの時に「GARDEN」をアコースティックで演奏してます。2005.09.18下北沢440(four forty) 「秋のとーべん祭り」で、当時スパイラルライフのベースをサポートしてくれた湯川とーべんさんに無理やり?唄わされてました。これが最初で最後のセルフカバーでした。

帯のコメント

始まりの終わりと始まり

スパイラルライフが新たに見つけた場所は

太陽と大地、水と空気とROCKと花

疾走しろ、スパイラルライフ!

車谷
「お花満開とか到達地点、あるいは達成というような意味なんですけど。過去の作品で実験室のようにいろいろなことをやってきて、そしてたどり着いたこのアルバムでスパイラルライフっていうのは良くもわるくもこーにしかならねーぜ!っていうのをバーンと打ち出せたと思うんでね。」

石田
「悩まなかったしね。何も悩まないでこれだけのものが出来たっていうのはいいことだよね。『FROURISH』っていうタイトルどおり満開に咲けたかな、という。」
RECOMMEND
SPAWN
SPAWN (JUGEMレビュー »)
AIR,AIR,AUDIO ACTIVE,AUDIO ACTIVE,MEAT BEAT MANIFESTO,カーティス・マントロニック,エイドリアン・シャーウッド
SPAWNのイメージアーティストとして抜擢され、車谷さんが大ファンであった「audio active」とのコラボレーションで完成された「SPAWN」の2枚組みピクチャー盤仕様ミニアルバム。audio activeによるリミックスはAIRのファーストアルバム「WEAR off」でも2曲提供されている事から、いかに車谷さんが気に入ってるがわかる。DISK1ではaudio activeとAIRによる共作を4曲。DISK2ではAIRのセカンドアルバム「MY LIFE AS AIR」の中から錚々たるアーティストがリミックスを手掛ける。今までのAIRのスタイルとは正反対の音なので、当時のファンは戸惑ったのではないだろうか。少々癖があるものの車谷さんのギターの色もしっかり残していて、今聴いても古臭さを感じないリミックスだと思います。

DISK2の1曲目では、なんとUKのダブ、レゲエシーンの大御所Adrian Sherwoodとaudio activeによる「die hard [polluted air mix]」が収録。これがまた二人の色が出ていて、深海をイメージさせる様なかなり良い仕上がり。以前audio activeのシングル「Free The Marijuana」をAdrian Sherwoodがプロデュースしたことから交流があったようです。(尚そのシングルはイギリスにてDJチャート1位を獲得)

2曲目の「everything, or everyone and everything, or peace[dis way mix]」では、これまたレゲエ・テイスト、ブレイクビーツで人気の「meat beat manifesto」がリミックス。こちらも心地良いダブステップ全開の仕上がり。

3曲目の「the Great Water,Gun Fight [mantronik single bullet formula] 」は. エレクトロ、ヒップホップでお馴染みの「Kurtis Mantronik」がリミックス。原曲を損なわず車谷さんのヴォーカルを生かした形の作品となっている。
RECOMMEND
FREAKS OF GO GO SPECTATOR
FREAKS OF GO GO SPECTATOR (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
車谷浩司、石田小吉のソングライター、プロデューサーのチーム名をそのままタイトルにした「FREAKS OF GO GO SPECTATORS」。このミニアルバムの位置付けは、FURTHER ALONG、SPIRAL MOVEの作品に一区切りを付ける為に作られた企画ものセルフカバー集。帯には「SPIRAL LIFEの自画像」と書かれている。数々の名曲をもう一度見直す為に作られたのであろうF.O.G.G.Sの名にふさわしいアルバムとなってます。

ストリングス、アレンジには大御所「PAUL BUCKMASTER」を起用。デヴィッドボウイ、トレイン、エルトンジョン、その他映画のサントラなどのアレンジを主に手掛け、12モンキーズ、ディズニー映画のムーランなどを手掛けている。弦楽器を主にクラシック、ジャズチックで唸るようなストリングスのアレンジが特徴。ちなみにBUCKMASTERのアレンジはM1〜M3の曲のみです。「THE ANSWER」はレコーディングやLIVEなどに参加しているソリッドブラス(管楽器主体のバンド)の「村田陽一」さんがアレンジしてます。そしてMIXには、SONIC YOUTH、SOUND GARDEN等を手掛ける「RON SAINT GERMAIN」が参加。こちらは車谷さんが希望したのでは?と推測できますね。となると残りの最後の「GARDEN」は石田さん自らMIX?それとも寺田さんなのか?これだけはクレジットに何も記載されてないので分かりません。元AIRのドラムの「佐野康夫」さんもこのアルバムよりクレジットされました。又、ジャケットデザインは「河原光」さんが担当。やはり抜群なセンスを感じますね。

超豪華なメンツに囲まれたこの作品は、何回聴いても飽きのこない、上品で大人な雰囲気の落ち着いた仕上がりとなってます。夜更けに酒をたしなみながら、ジックリ腰を据えて聴く名曲たちも、別の角度から聴けばまた新たな発見があると思います。

スパイラルライフの代表曲と言っても良い最後の「GARDEN」は、アコースティックでシューゲイザーの要素もある、なんとも切ない感じに仕上がりで原曲と甲乙付け難い。後追いファンとしては、FLOURISHに収録されたロック調の「GARDEN」よりもこちらが先にリリースされているのがなんとも不思議ですが、車谷さんのインタビューでは、これは3rdアルバム(Flourish)に入る予定のデモバージョンと言ってます。


何度聴いても飽きない名作。この作品から抜け出すにはかなりの時間を費やすと思います。僕も相当ハマリました。

車谷
「そろそろ一区切りつく時期だから、楽曲を主体とした作品を残したかったんです。世の中にはこんなにいいメロディと歌詞とハーモニーが存在するんだぜ、つーのを強調した音作りで」

石田
「まず一つは、僕らのメロディの中にあるどこかしらノスタルジックな部分を生かすには、こういう方法を採るのが一番いいんじゃないかって考えがあったのと、二つ目は、単に僕が弦フェチだっていう(笑)」
RECOMMEND
MY LIFE AS AIR
MY LIFE AS AIR (JUGEMレビュー »)
AIR
AIRのアルバムは数あれど、「AIRを知らない人に何のアルバムを貸しますか?」と言われたら、僕は迷いなくこのアルバムを差し出す。アルバムのタイトルが示す通り、セカンドアルバムにしてAIRの集大成を表現した「金字塔アルバム」と言っても過言ではない。ややキレながら放つメッセージはとても力強く、ストレートに強烈な印象を植え付ける。反面、車谷浩司の心情が青く映し出された楽曲も多く、ファーストアルバムとはまた違った振り幅のある仕上がりになっている。ハードコア、グランジ、パンクロック、フリージャズとジャンルが入り混じった後の、アルバム最後に見せたオープンニング回帰的な夢心地構成には圧巻。「PROMISE SONG」の幻想的な歌詞と、異国のノスタルジックな曲調に合わせた車谷の囁く歌い方が、本当に気持ち良く心に染み渡る。

AIRファンなら誰もが「TODAY」の様な二人の甘いやりとりを夢見たのではないだろうか。

「大好きな人と一緒に聴きたい...」

そんなアルバムです。
激しい縦揺れの楽曲で使用したギターは「ジャガー」で、あとの曲は「ジャズマスター」で補っている。ちなみにこの当時使用していたジャガーはフェンダージャパンだが、既にこの頃からピックアップをダンカンのホットレールに換えて改造が施されている。フロントピックアップのプリセットスイッチの回路を大胆に取ってしまったのも大きな特徴で、以後AIRのラウドな楽曲では欠かせないギターとなる。

このアルバムのほとんどの楽曲に元ネタが存在しており、車谷浩司のフィルターを通した楽曲が多い。そういった面でも本当に骨の髄まで楽しめるアルバム。ぜひ元ネタを調べて車谷浩司のルーツに触れてみて欲しい。※当BLOG「車谷浩司ディスクガイド」参照。
RECOMMEND
WEAR OFF
WEAR OFF (JUGEMレビュー »)
AIR,audio active
スパイラルライフ活動休止後、1996年に発売された作品。「ブレイク寸前だったスパイラルライフをどうして活動中止にしたのか?」が、この一枚を聞けば一発で理解できる。狂気に満ちたハイテンションで、奇声、罵声、怒号が飛び交う注目の一曲目はカセットテープのMTR(8ch)で録られたRainbow...まったく曲になってない。そして、病的な愛情を死んだカート・コバーンに注いだ曲の数々。そんな問題作のAIR ファーストアルバム。ブレイク寸前だったスパイラルライフでファンも沢山増えただろうに...。そんなファン達を攻撃的なノイズまみれの轟音で一気に削ぎ落とす。このCDを手にしたスパイラルからのファンは、誰もが「間違えて買った」と自分の耳を疑ったに違いない。デビューミニアルバムを聴いた時より大きな衝撃。BAKU、SPIRAL LIFEで見せなかった「車谷浩司」の感情をストレートに奏で、今後の方向性をしっかり示した道しるべ的な作品。

自宅でしっかりデモテープを作り「Under the sun」なんかは本人のドラムマシーンを駆使してNirvanaのそれっぽい雰囲気を出している。レコーディングには渡辺等、佐野康夫、山崎岳夫が参加。「Communication」はコミュニケーションとるのが苦手の本人が、死んだカートコバーンに向けて歌った曲。「Doubt」もカートに対するオマージュ的な曲と言っていい。ライブを想定して作り、アルバムの中では最後の方で作ったというのが意外。評判の良い「No kidding?」は一発録りでグルーヴ感がたまらない。「7&4」は本人が好きな数字。「Hair do」は「シングルカットを想定して作った曲」という記事もあるが、「シングルとして出すならしっかりとした形でとりたい。」と言ったインタビューもある。なぜシングルとして発売しなかったのかは不明。正式名称は「Hair Do - HIGH BLOOD PRESSURE」と思われる(JASRAC登録)。他曲同様にこれも自宅のドラムマシーンで打ち込み。このアルバムに収録されたほとんど曲は後期のライブで演奏することはなかったが、「Hair do」だけは演奏され続けたAIRの代表曲とも言えるシューゲイズな名曲。もうライブでこの曲が聴けないと思うと悲しくてしょうがない...。PVは車谷本人の意見が大きく取り込まれ、今は亡き愛犬「NERO」も出演している。最後のオーディオ・アクティヴがリミックスした「AIR」はボーナストラックの様な位置らしい。
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

PSYCHEDELIC BUS

車谷浩司さんを主軸にShoegazer、Indie pop関連を扱ったblog
サイケデリックバス
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
ついにキター!ジャパニーズシューゲイザーの大本命 松浦友也(monocism)ソロプロジェクト「Nels」
 



[Nels / Circulation]
2012.2.15 Release.
tax in¥1,890 / en001 (c)2012.ensl

1 halcyon sky
2 Fallen leaves
3 Utsusemi
4 Sunshine streaming through leaves
5 Thaw
6 Light particles
7 Circulation
8 Light particles (i am robot and proud remix)

Lyrics / Music / Arrangement / Mixed & Recorded : Nels
Drums : Takashi Numazawa
Photographer : MARTIN HILL (Environmental Artist)
Designer : Tetsu Ogawa (Nature Bliss)


monocismの松浦さんがまさかのソロプロジェクト「Nels」始動。ソロアルバムが2/15に発売するそうです。こりゃmonocismファンとしては大注目だ。monocismの新曲ストックもかなり溜まって来たなと思ってたのでビックリ。既にWebサイトでは収録曲である「Light particles」とアルバムのメドレー「Nels "Circulation" 1st.album」がアップされているので聞いてみましたが、monocismよりアンビエント色が非常に強く、一言にシューゲイザーという狭いジャンルでは括れない感じ。松浦さんの美声の特色も生かされているけど、歌ものではないですね。ドラムには沼沢さんがクレジット!どうやら「Nels」は自然環境が大きなテーマになっているようです。

今から楽しみでしょうがない。



※試聴はmyspaceではなく音質の良い以下のsoundcloudをおすすめします。

soundcloud
http://soundcloud.com/nels_jp/tracks

myspace
http://www.myspace.com/nels.jp

monocism
http://www.monocism.net/top.html

tomoya matsuura blog
http://suricata.exblog.jp/i0



| monocism | 01:21 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Asian Shoegazer Compilation Album
『 Half Dreaming』


Half Dreaming
Half Dreaming
オムニバス,ザ・イブニング・プリムローズ,コーカス,キャンディオーディオライン,シェアスプリングス,ナノサイクル,エブリバディ・ラブズ・アイリーン,クライフ,ザ・マジェクティック・ハイ,バーン,パーフェクト・エンジェル

01. the majestic high – see her fall korea
02. burrrn – song without words japan
03. perfect angel – cataclysmic indonesia
04. hideka – echoes japan
05. elemental gaze – unperfect sky indonesia
06. monocism – seisou japan
07. daixiaole – satellite boy china
08. oeil – strawberry cream japan
09. witherspoon – tingles and everything malaysia
10. the evening primrose – stargazer hong kong
11. caucus – sing (half dreaming version) japan
12. candyaudioline – felt so fine philippines
13. sharesprings – fix your eyes on indonesia
14. nanocycle – great little ones japan
15. everybody loves irene – love is so strange indonesia
16. cryv – april and you, march and i japan

2008.07.16 out! QRCP-62 2,462 yen[2,345 yen tax excluded]

Quince records:
http://www.quince-records.com/
Quince reocrds myspace :
http://www.myspace.com/quincerecords

 某シューゲイザーサイトで絶賛されているアジアのシューゲイザーコンピレーションアルバム。16曲も入ってるのでお得感がある。日本からは7バンドが参加。自分が崇拝するmonocismが入ってるので、注目してたんだけどなぜ「星霜」をチョイスしたんだろうか。monocismならもっと代表曲があるし「シンキロウ」や「アワユキ」「ハルガスミ」あたりを持ってくるのが妥当だと思う。知らない人に聞かせるにはチャンスなんだけどな。monocismまた関東に来るのはいつだろう。ニューアルバムも気になるところだが、まだ予定は経っていないようだ。LIVEでは新曲を多数演奏することから、楽曲はあるのであとはタイミングという感じのよう...。

 他のバンドはどんなのかとmyspaceなどで試聴していたら、グっと来るのがあった。5曲目に収録された「elemental gaze」というインドネシアからのバンド。これはキラキラしていてメロディが甘くなかなか聞き易い。ただシューゲイザーとうくくりに入るのか?という人もいるかもしれない。エレクトロニカっぽくギターによるノイズがあまりない。youtubeを見るとMy Bloody Valentine「when you sleep」のカバーとかしてたりもする。今年の7月頃?にアルバムも出るようなので、自分の中で久々の大注目バンドになった。アルバム発売に伴い来日してくれることを心から願ってます。


elemental gaze myspace
myspaceにアップされた一曲目「Unperfect Sky」を聞いて欲しい。キラキラしていてとってもドリーミーでハマる人多そう。mumっぽいかなとも。



elemental gaze「Unperfect Sky (Feat Sigit Tigapagi) live」



elemental gaze「when you sleep」 (MBV cover)
音が悪く演奏がヘタクソにも思えるが、このアレンジはかなり好き。
学園祭のようで手作り感満載。
| monocism | 10:13 | - | - | |
monocism 渋谷O-NestにてLIVE
##
■12/9(sun) 渋谷O-nest
残響record present's『indie unite market 02』
(w/ texas pandaa / VELTPUNCH / monocism / 杏露虫)
open/18:00 start/18:30
adv/¥2,000 door/¥2,300
##


チケットはこちら様のBLOG「miimi」でも受け付けてるようです。久しぶり..でもないんだけど、東京公演に来てくれるとは嬉しいです。早くワンマンやらないかなー。
| monocism | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | |
FUJI ROCK FESTIVAL '07 で大好評だった
monocismの追加公演が決定
##
9/19 (水) SIBERIAN-NEWSPAPER「9月のシュンポジオン」

LIVE:
SIBERIAN-NEWSPAPER/and more

open:18:30 start:19:00
前売:¥2000 当日¥2800【整理番号有り】
Shangri-La WEB、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて取り扱いあり。

*各プレイガイド8/12〜発売!

(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400 http://www.sound-c.co.jp
##


チケットぴあはこちら

あぁ〜フジロック行きたかったなぁ〜。METAMORPHOSE'07は行きます!チケットも届いたし、そろそろ準備しなきゃ。確か出番は日にちが変わってから出るようなので、長期戦を予想。で、9/19にSIBERIAN-NEWSPAPERのイベントに出るようですね。Shangri-Laのページではand moreとなってますが、monocismが出ます!やっぱり地元大阪の人はライブが沢山あっていいなぁ〜。夏のイベント終わったらちょっと休憩するのかな〜と思ったけど、活動的ですね。早くワンマンライブが見たい!てか今までやってないのかな?


| monocism | 20:46 | comments(2) | trackbacks(0) | |
METAMORPHOSE 07 コンピレーションアルバムにmonocismが収録
METAMORPHOSE 07
METAMORPHOSE 07
オムニバス

2007.7.25 RELEASE
cust-0005 / 19曲収録 2枚組 / ¥3,200 (tax in)
[発売元] cuesta sound [販売元] QQS DISTRIBUTION

ディスク:1
1. Musikal Overtones / Lindstrom
2. Outer Space / MODEL500
3. Bouncer / Darren Emerson
4. Mouth To Mouth / AUDION
5. Circles / PLASTIKMAN aka Richie Hawtin
6. mist (w8me mix) / FUMIYA TANAKA
7. Countercurrent / mayuri & salmon
8. Animal Use Only, Keep Away from Children / Q'HEY
9. all the people make happy / ALTZ

ディスク:2
1. ARIGATO / STS9
2. Robotiks Dub Song/ MAD PROFESSOR
3. ENO (Demo Version) / Mental Remedy Produced By: Joaquin Joe Claussell for Sacred Rhythm Music and Cosmic Arts Inc.
4. 仁王門道り / DJ NOBU
5. Life Syncopation / Jazztronik
6. IDOL / SPECIAL OTHERS
7. Aereoaviones / TRISTEZA
8. BASS CHECK FOR YOU AND YOUR WOOFERS / MOODMAN
9. 薄ら氷 / monocism
10. hot-spring / by-cycle
| monocism | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | |
monocism 松浦友也さんのBLOGも終了
6/30をもって残念ながら松浦さんのBLOGも終了してしまいました。きっと忙しいんでしょうね..。内面的な部分も記載してくれて、まめに更新もしてくれてたので、これから見れなくなると思うと悲しいですね〜。

tomoya.matsuura Blog
| monocism | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | |
FUJI ROCK FESTIVAL '07にmonocismが来る!
ようですね!ついにここまで来たか〜。ガンバレ〜。
| monocism | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
monocism レーベル移籍第一弾 ミニアルバム「初季」がついに全国で発売!


01.ハツナ
02.シンキロウ
03.アワユキ
04.追想
05.移季
06.薄ら氷


AMAZONで予約してたのに一向に発送されないから、タワレコで昨日買って来ました。やっとこの日が来たという感じです。monocismがレーベル移籍して新たな出発。新曲は01,04,05,06となるがどれも期待裏切らない捨て曲なしの音となっていた。今回も松浦さんの恐ろしいほど透き通った美しい歌声は健在!又、06.「薄ら氷」のダークな雰囲気なんかは、この手のシューゲイザーファンにはたまりませんね。しかも嬉しいことに02.「シンキロウ」は微妙なアレンジが施されてたり(間奏を聞くとわかる)と完成度が増している。他の曲もアレンジされてるのかも。それからCDには02.「アワユキ」のPVが入っていて見ごたえあります。monocismを聞いたことのない人はこの作品の前に出た1stミニアルバム?「monocism」の方が聞きやすい選曲かもしれない。この「初季」の選曲の方がすこ〜しだけ癖があるかも。とにかくシューゲイザー好きに大・大・大推薦のmonocism「初季」です!!



「初季 TOUR」
6/10 南堀江knave
6/25 名古屋HUCK FINN
6/26 下北沢ERA
7/06 京都NANO
7/16 南堀江knave
7/18 千葉K'S DREAM
7/20 青山月見ル君想フ
7/31 神戸VARIT

EVENT
8/25 自転車の国サイクルスポーツセンター「METAMORPHOSE 07」



6/26、7/20は行くとして7/18の千葉は遠いが行けない距離ではないのでどうしようかと迷っている。きっと行っちゃうんだろうなぁ。楽しみだ。


monocismオフィシャルページ
松浦さんのBLOG
monocism「アワユキ」PV ※wmv

| monocism | 20:11 | comments(4) | trackbacks(0) | |
monocism SSTVにてPV「アワユキ」放送
アワユキ
NEO
2007/06/01 25:00〜25:30
| monocism | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | |
SSTVにてmonocism「アワユキ」のPV初?放送
##
スペースシャワーにリクエストをいただき、誠にありがとうございます。
今回、あなたがリクエストされた曲が
オンエアされることになりましたのでお知らせ致します。

・チャンネル:スペースシャワーTV
・放送番組:MIDNIGHT‐ZONE
・放送日時:2007/05/29 27:05〜28:00
・曲名:アワユキ
・アーティスト:monocism
##


やったーオンエアされるぞ〜。もしかしてTV初放送!?絶対録画しよっと
| monocism | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/2PAGES | >>