since 2006.09.02


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
Flourish
Flourish (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
スパイラルライフにとってとても重要な位置にある3rdアルバム「FLOURISH」。やっと世間に注目され始めたころではないだろうか。やはりこのアルバムが浮上してきたのはスパイラルライフの名曲であり代表曲とも言える「GARDEN」の存在が大きいと言える。一般に、スパイラルライフって言えば?=GARDENというイメージなのではないだろうか。当時ファッションバラエティー番組「浅草橋ヤング洋品店」でも使用された。USの油ぎった匂いがプンプンする荒いガレージっぽさと、車谷さんの描く全英詞が見事にマッチし、ギターポップからロックへ豪快にシフトチェンジして、完全に許容範囲をオーバーした初期衝動を放っている。

この作品でフルアルバムの3枚目を迎えるが、本人達から言わすとスパイラルライフ3部作の内の最終章らしい。アルバム名である「FLOURISH」とは「花が満開」ということで、ある意味それは「最頂点」であり、逆に終わりを告げているようにも解釈できる。1stや、2ndのように2人で作品を作り上げるというよりも、車谷さん、石田さんが独自の世界感を見せている感じもする。 車谷さんにとって「CHEEKY」と「NERO」は特別な思い入れのある曲のようだ。それは歌詞からもわかるように何の飾りもなく綴っていること。今まで二人称のテーマは少なかったので、ここまで深いく掘り下げた事に心境の変化も伺える。

クレジットを見てみると前回のミニアルバム「FREAKS OF GO GO SPECTATOR」でリミックスを担当した「RON SAINT GERMAIN」が今回も「MAYBE TRUE」、「HERSEE'S CHOCOLATE」の2曲をリミックス。原曲を損なわないバランス調整と言った程度のリミックス。

シングルのGARDENは、アルバム「FLOURISH」の約2ヶ月後にリリースされている。アルバムの反響が大きかったので、後からプレスしたようだ。

僕はスパイラルライフの中で、#4「I SAW THE LIGHT」が一番大好きな曲で毎晩遅くまで聴いてました。石田さん作詞作曲で、車谷さんのリードボーカルな曲にハズレはありません。石田さんが敬愛する「Todd Rundgren」にも名曲として同タイトルがあります。故に同タイトル名を付けた事に思い入れも強かったのではないかと勝手に推測してます。この曲を聴く度になぜか切なく寂しい気持ちになり、ついつい浸ってしまいます。詩は「人生は万華鏡のように一度足りとも同じところには戻らない」といった意味合いがあるらしい。

石田さんはスパイラルライフ以降のプロジェクトで何度か「I SAW THE LIGHT」「DANCE TO GOD」「STEP TO FAR」などセルフカバーを演奏してくれてます。

車谷さんも一度だけAIRの時に「GARDEN」をアコースティックで演奏してます。2005.09.18下北沢440(four forty) 「秋のとーべん祭り」で、当時スパイラルライフのベースをサポートしてくれた湯川とーべんさんに無理やり?唄わされてました。これが最初で最後のセルフカバーでした。

帯のコメント

始まりの終わりと始まり

スパイラルライフが新たに見つけた場所は

太陽と大地、水と空気とROCKと花

疾走しろ、スパイラルライフ!

車谷
「お花満開とか到達地点、あるいは達成というような意味なんですけど。過去の作品で実験室のようにいろいろなことをやってきて、そしてたどり着いたこのアルバムでスパイラルライフっていうのは良くもわるくもこーにしかならねーぜ!っていうのをバーンと打ち出せたと思うんでね。」

石田
「悩まなかったしね。何も悩まないでこれだけのものが出来たっていうのはいいことだよね。『FROURISH』っていうタイトルどおり満開に咲けたかな、という。」
RECOMMEND
SPAWN
SPAWN (JUGEMレビュー »)
AIR,AIR,AUDIO ACTIVE,AUDIO ACTIVE,MEAT BEAT MANIFESTO,カーティス・マントロニック,エイドリアン・シャーウッド
SPAWNのイメージアーティストとして抜擢され、車谷さんが大ファンであった「audio active」とのコラボレーションで完成された「SPAWN」の2枚組みピクチャー盤仕様ミニアルバム。audio activeによるリミックスはAIRのファーストアルバム「WEAR off」でも2曲提供されている事から、いかに車谷さんが気に入ってるがわかる。DISK1ではaudio activeとAIRによる共作を4曲。DISK2ではAIRのセカンドアルバム「MY LIFE AS AIR」の中から錚々たるアーティストがリミックスを手掛ける。今までのAIRのスタイルとは正反対の音なので、当時のファンは戸惑ったのではないだろうか。少々癖があるものの車谷さんのギターの色もしっかり残していて、今聴いても古臭さを感じないリミックスだと思います。

DISK2の1曲目では、なんとUKのダブ、レゲエシーンの大御所Adrian Sherwoodとaudio activeによる「die hard [polluted air mix]」が収録。これがまた二人の色が出ていて、深海をイメージさせる様なかなり良い仕上がり。以前audio activeのシングル「Free The Marijuana」をAdrian Sherwoodがプロデュースしたことから交流があったようです。(尚そのシングルはイギリスにてDJチャート1位を獲得)

2曲目の「everything, or everyone and everything, or peace[dis way mix]」では、これまたレゲエ・テイスト、ブレイクビーツで人気の「meat beat manifesto」がリミックス。こちらも心地良いダブステップ全開の仕上がり。

3曲目の「the Great Water,Gun Fight [mantronik single bullet formula] 」は. エレクトロ、ヒップホップでお馴染みの「Kurtis Mantronik」がリミックス。原曲を損なわず車谷さんのヴォーカルを生かした形の作品となっている。
RECOMMEND
FREAKS OF GO GO SPECTATOR
FREAKS OF GO GO SPECTATOR (JUGEMレビュー »)
スパイラル・ライフ
車谷浩司、石田小吉のソングライター、プロデューサーのチーム名をそのままタイトルにした「FREAKS OF GO GO SPECTATORS」。このミニアルバムの位置付けは、FURTHER ALONG、SPIRAL MOVEの作品に一区切りを付ける為に作られた企画ものセルフカバー集。帯には「SPIRAL LIFEの自画像」と書かれている。数々の名曲をもう一度見直す為に作られたのであろうF.O.G.G.Sの名にふさわしいアルバムとなってます。

ストリングス、アレンジには大御所「PAUL BUCKMASTER」を起用。デヴィッドボウイ、トレイン、エルトンジョン、その他映画のサントラなどのアレンジを主に手掛け、12モンキーズ、ディズニー映画のムーランなどを手掛けている。弦楽器を主にクラシック、ジャズチックで唸るようなストリングスのアレンジが特徴。ちなみにBUCKMASTERのアレンジはM1〜M3の曲のみです。「THE ANSWER」はレコーディングやLIVEなどに参加しているソリッドブラス(管楽器主体のバンド)の「村田陽一」さんがアレンジしてます。そしてMIXには、SONIC YOUTH、SOUND GARDEN等を手掛ける「RON SAINT GERMAIN」が参加。こちらは車谷さんが希望したのでは?と推測できますね。となると残りの最後の「GARDEN」は石田さん自らMIX?それとも寺田さんなのか?これだけはクレジットに何も記載されてないので分かりません。元AIRのドラムの「佐野康夫」さんもこのアルバムよりクレジットされました。又、ジャケットデザインは「河原光」さんが担当。やはり抜群なセンスを感じますね。

超豪華なメンツに囲まれたこの作品は、何回聴いても飽きのこない、上品で大人な雰囲気の落ち着いた仕上がりとなってます。夜更けに酒をたしなみながら、ジックリ腰を据えて聴く名曲たちも、別の角度から聴けばまた新たな発見があると思います。

スパイラルライフの代表曲と言っても良い最後の「GARDEN」は、アコースティックでシューゲイザーの要素もある、なんとも切ない感じに仕上がりで原曲と甲乙付け難い。後追いファンとしては、FLOURISHに収録されたロック調の「GARDEN」よりもこちらが先にリリースされているのがなんとも不思議ですが、車谷さんのインタビューでは、これは3rdアルバム(Flourish)に入る予定のデモバージョンと言ってます。


何度聴いても飽きない名作。この作品から抜け出すにはかなりの時間を費やすと思います。僕も相当ハマリました。

車谷
「そろそろ一区切りつく時期だから、楽曲を主体とした作品を残したかったんです。世の中にはこんなにいいメロディと歌詞とハーモニーが存在するんだぜ、つーのを強調した音作りで」

石田
「まず一つは、僕らのメロディの中にあるどこかしらノスタルジックな部分を生かすには、こういう方法を採るのが一番いいんじゃないかって考えがあったのと、二つ目は、単に僕が弦フェチだっていう(笑)」
RECOMMEND
MY LIFE AS AIR
MY LIFE AS AIR (JUGEMレビュー »)
AIR
AIRのアルバムは数あれど、「AIRを知らない人に何のアルバムを貸しますか?」と言われたら、僕は迷いなくこのアルバムを差し出す。アルバムのタイトルが示す通り、セカンドアルバムにしてAIRの集大成を表現した「金字塔アルバム」と言っても過言ではない。ややキレながら放つメッセージはとても力強く、ストレートに強烈な印象を植え付ける。反面、車谷浩司の心情が青く映し出された楽曲も多く、ファーストアルバムとはまた違った振り幅のある仕上がりになっている。ハードコア、グランジ、パンクロック、フリージャズとジャンルが入り混じった後の、アルバム最後に見せたオープンニング回帰的な夢心地構成には圧巻。「PROMISE SONG」の幻想的な歌詞と、異国のノスタルジックな曲調に合わせた車谷の囁く歌い方が、本当に気持ち良く心に染み渡る。

AIRファンなら誰もが「TODAY」の様な二人の甘いやりとりを夢見たのではないだろうか。

「大好きな人と一緒に聴きたい...」

そんなアルバムです。
激しい縦揺れの楽曲で使用したギターは「ジャガー」で、あとの曲は「ジャズマスター」で補っている。ちなみにこの当時使用していたジャガーはフェンダージャパンだが、既にこの頃からピックアップをダンカンのホットレールに換えて改造が施されている。フロントピックアップのプリセットスイッチの回路を大胆に取ってしまったのも大きな特徴で、以後AIRのラウドな楽曲では欠かせないギターとなる。

このアルバムのほとんどの楽曲に元ネタが存在しており、車谷浩司のフィルターを通した楽曲が多い。そういった面でも本当に骨の髄まで楽しめるアルバム。ぜひ元ネタを調べて車谷浩司のルーツに触れてみて欲しい。※当BLOG「車谷浩司ディスクガイド」参照。
RECOMMEND
WEAR OFF
WEAR OFF (JUGEMレビュー »)
AIR,audio active
スパイラルライフ活動休止後、1996年に発売された作品。「ブレイク寸前だったスパイラルライフをどうして活動中止にしたのか?」が、この一枚を聞けば一発で理解できる。狂気に満ちたハイテンションで、奇声、罵声、怒号が飛び交う注目の一曲目はカセットテープのMTR(8ch)で録られたRainbow...まったく曲になってない。そして、病的な愛情を死んだカート・コバーンに注いだ曲の数々。そんな問題作のAIR ファーストアルバム。ブレイク寸前だったスパイラルライフでファンも沢山増えただろうに...。そんなファン達を攻撃的なノイズまみれの轟音で一気に削ぎ落とす。このCDを手にしたスパイラルからのファンは、誰もが「間違えて買った」と自分の耳を疑ったに違いない。デビューミニアルバムを聴いた時より大きな衝撃。BAKU、SPIRAL LIFEで見せなかった「車谷浩司」の感情をストレートに奏で、今後の方向性をしっかり示した道しるべ的な作品。

自宅でしっかりデモテープを作り「Under the sun」なんかは本人のドラムマシーンを駆使してNirvanaのそれっぽい雰囲気を出している。レコーディングには渡辺等、佐野康夫、山崎岳夫が参加。「Communication」はコミュニケーションとるのが苦手の本人が、死んだカートコバーンに向けて歌った曲。「Doubt」もカートに対するオマージュ的な曲と言っていい。ライブを想定して作り、アルバムの中では最後の方で作ったというのが意外。評判の良い「No kidding?」は一発録りでグルーヴ感がたまらない。「7&4」は本人が好きな数字。「Hair do」は「シングルカットを想定して作った曲」という記事もあるが、「シングルとして出すならしっかりとした形でとりたい。」と言ったインタビューもある。なぜシングルとして発売しなかったのかは不明。正式名称は「Hair Do - HIGH BLOOD PRESSURE」と思われる(JASRAC登録)。他曲同様にこれも自宅のドラムマシーンで打ち込み。このアルバムに収録されたほとんど曲は後期のライブで演奏することはなかったが、「Hair do」だけは演奏され続けたAIRの代表曲とも言えるシューゲイズな名曲。もうライブでこの曲が聴けないと思うと悲しくてしょうがない...。PVは車谷本人の意見が大きく取り込まれ、今は亡き愛犬「NERO」も出演している。最後のオーディオ・アクティヴがリミックスした「AIR」はボーナストラックの様な位置らしい。
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

PSYCHEDELIC BUS

車谷浩司さんを主軸にShoegazer、Indie pop関連を扱ったblog
サイケデリックバス
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
LaikaCameBack ラジオ「熊本 FMK パンゲア!」出演
 
JUGEMテーマ:LaikaCameBack(車谷浩司)


熊本 FMK パンゲア!
「 ミュージックシャワートーク 」

今月の毎週木曜日 12 : 30 ~ 12 : 35

電話生インタビュー 出演

出演日:1 月 5 日・12 日・19 日・26 日 

http://laikacameback.blogspot.com/2012/01/fmk-12-30-12-35-1-5-12-19-26.html


今日放送です。番組サイト見るとUSTREAMで生ワイド番組を放送するみたいだけど見れるのかな。

http://www.fmk.fm/index.html

http://www.ustream.tv/channel/%EF%BC%A6%EF%BC%AD%EF%BC%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%A2


| Radio | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2007.09.25 最終回RADIO interFM AIR「TRUE COLORS」
Sep. 25, 2007
23:01 AIR
"THE NEW DAY RISING"
23:07 AIR
"ONE WAY"
23:13 AIR
"NATUNO IROWO SAGASHINI"
23:17 AIR
"SURFRIDERS"
23:23 AIR
"TODAY"
23:27 AIR
"SMILE SMILE SMILE


・沢山メールが来た。
・一回目の放送はスリランカからデータ送ってスゴイことをやっていた。
・花さんのメール
70歳くらいのおじいちゃんがなんとAIR-Tシャツを着て歩いていてビックリした。Usual Tone of Vocieの黒いTシャツ(AIRさんもすごく気に入ってる)。
(車谷さん)孫とかが着なくなっておさがりで着てたのかもしれない。ボク何年か前に、渋谷のタワーの手前くらいの交差点でAIRのDIVE!DIVE!DIVE!の赤いTシャツを着たおじいちゃんをのを見た時はビックリした。
・ラジオの収録で沖縄も和歌山にもいけなかった。
・1年半に放送してきた。ラジオは3回目の終わり。
・年末くらいにシングルみたいなものが出るんじゃないかと。引き続きプロデュースとレコーディング。その他モロモロちょっとあったりとか..。


特にサプライズもなく終わってしまいました。毎回すごく面白いラジオってわけでもなかったんですが、終わると寂しいもんですね。実は来週から名前が変わりまして...とか期待したんですが(>_<)。いつもコメント頂いてる花さんのメールが読まれました。これ聞いた時は笑ってしまいました。そのおじいちゃんは、どんな経緯でAIRTシャツを着てたのか気になります(笑)。
「その他モロモロちょっとあったりとか」が気になりますね。NAOTOソロプロジェクトかな?
| Radio | 00:30 | comments(6) | trackbacks(0) | |
2007.09.18 AIR RADIO TRUE COLORS
Sep. 18, 2007
23:01 AIR
"SURFRIDERS"
23:08 AIR
"OVER THE OCEAN"
23:15 WILCO
"EITHER WAY"
23:18 CATHERINE HOME
"NOTHING MORE THAN STRANGERS"
23:23 DON JOHNSON BIG BAND
"BUSY RELAXIN'"
23:25 HALFBY
"STAR TRACK"
23:27 AIR
"OUR SONG"


・スタジオから収録
・NICOのプロデュースでスタジオに篭りっきり
・来週で番組はめでたく終了。3〜5回インターFMで番組をやっている。
・アイスのビバオールについて

| Radio | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | |
本日AIRのラジオTRUE COLORS
AIR RADIO
interFM(76.1MHz)にてレギュラー番組絶賛放送中。
番組タイトル[True Colors]
毎週火曜日23:00〜23:30
番組に関するリクエスト、メールはこちらへ

| Radio | 09:02 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2007.09.04 AIR RADIO TRUE COLORS

Sep. 04, 2007
23:02 AIR
"OVER THE OCEAN"
23:07 CYNDI LAUPER
"TRUE COLORS"
23:15 TRAVIS
"DRIFT WOOD"
23:18 BLUE KING BROWN
"WATER"
23:23 AIR
"SURFRIDER"
23:27 AIR


沼津港の鮨文より収録。
・サマソニの前日NICOのライブを見に行った。いいショーだった。
・「TRUE COLORS」はシンディーローパーのTRUE COLORSから取った。
・今年のライジングサンも良かった。会場が素晴らしかった。来年も呼んでもらいたい。
・NICOのと自分のレコーディングをしている。あとは沖縄で収録がある。

沖縄で収録ってラジオのことかな?
| Radio | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2007.08.28 AIR RADIO TRUE COLORS

23:00 AIR
"HAPPY BIRTHDAY TO SHINNING STAR"
23:09 AIR
"OUR SONG"
23:16 AIR
"SURFRIDERS"
23:24 AIR
"HELLO"
23:27 AIR
"HAIR DO"


・THE BLUE WATERで収録。
・24日のライブは昔の曲を演奏したのでグダグダだった。
・THE BLUE WATERのオーナー天野さんが登場。ちょっと控えめな感じで声が渋い。
・8/24のライブにて車谷さんがお祝いされている音源を放送。
・沼津はいい所。沼津の印象は甘い麦茶。
・ライブをここで続けていけたらと思っている。
| Radio | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2007.08.14 AIR RADIO TRUE COLORS
AIR
「SURFRIDERS」
RIDE
「Dreams Burn Down 」
Travis
「Sing」
The Fratellis
「Chelsea Dagger」
AIR
「Hold Your Hand(Live)」
AIR
「Sleep Well」



・ワイゼンボーンのThe New Day Rising、Walk This Wayは評判がいい。
・アストロホールでカヴァー曲を演奏した。KISSだのAC/DC、UFOだの。AC/DCはまだしも、他はまったく通ってない世代。ハードロックとかヘヴィーメタルとか言っても、ボクの場合はLAメタルムーヴメントというのがありまして、モトリークルーとかあの辺の世界。KISSとかUFOとか言っても全然しらない。いいんじゃないでしょうかあんな感じで。
・おおくりしたRIDEの「Dreams Burn Down」という曲はシューゲイザーですよ。ボクの青春真っ只中の頃ですよね。青春の..青春時代のムーヴメントですから。この曲はスゴイ好きですね。まーシューゲイザーの名のごとく、Shoe→靴をGaze→見つめる。まーそういうムーヴメントがあったんですよね。こうもう下を散々つま先を見ながらノイズをビービー出して、そこに甘美なメロディーが乗るというムーヴメントがあったんですけれども、懐かしかったですね。でもやっぱりすごく好きな曲調だったりムーヴメント、サウンドなので、また歌う事があったらなーと思ってるんですけど。
・今後の予定で、8/24、8/25 沼津BLUE WATERが決定!!

今回はシューゲイザーについて語ってくれて嬉しかった。しかもまた歌える機会があったら..ってのが嬉しいです。もっと早くカバーするべき曲だった気がするんですけどね...。急遽、8/24、8/25 沼津BLUE WATERが決定したようですね。オフィシャルにも掲載されてないし。丁度いい具合にその両日休みで、あとはチケットが手に入るかどうか。8/24はTamas Wellsを見に行こうと思ってたけど、時間が間に合わないからキャンセルだな。8/25はAIR見た後に即効METAMORPHOSEってかなりハードすぎる。monocismの出番まで間に合うか心配だ。2日間もやるなんて、何かカバーとかまたやってくれるといいですね。
| Radio | 00:48 | comments(3) | trackbacks(0) | |
2007.08.07 AIR RADIO TRUE COLORS
Aug. 07, 2007
23:02 AIR
"SURFRIDERS"
23:11 AIR
"OVER THE OCEAN"
23:17 NICK LOW
"CRUEL TO BE KIND"
23:19 THE JAM
"GOING UNDERGROUND"
23:24 AIR
"SUN SET"
23:27 AIR
"UMIE YUKU"


・今週も寿司屋から収録。
・沖縄へあるプロジェクトのレコーディングをしに行った。
・沖縄での旅行話
・離島での収録が決定。
| Radio | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
20070731 AIR RADIO TRUE COLORS
Jul. 31, 2007
23:01 AIR
"OVER THE OCEAN"
23:11 AIR
"SURFRIDERS"
23:21 YUZU
"NATUIRO"
23:25 THE WHO
"SUMMERTIME BLUES"
23:27 AIR
"NATUNOIROWO SAGASHINI"


新代田お寿司屋さん玄寿司から収録。特に意味はない。
・OTODAMAのライブは自分の中で歴史に残るくらい本当に良かった。
・仙波さんはさまざまな所で活躍している人。今度サマソニは仙波さんはドラムとして参加してもらう。音の立ち上がりが大きい。音が立つ。音の芯の部分が物凄い聞える。素晴らしい。
TLGF祭りについて
・ゆずってすごいなぁ〜とケンジと見てて感動してしまった。ゆずのステージはすげーなーと。この後俺だぜどうする?とKJが。そしたらドラゴンはNIRVANAを3曲もやってきったね〜なぁ〜と(笑)。あいつ何も言わなかったのに。あとでおまえらきたないと、ビールを飲みながらフレンチフライポテトを顔にぶつけといたんですけど(笑)。
・沖縄にあるプロジェクトで行った。そのうちお話できると思う。あっという間に順調に終わった。

沖縄のバンドをプロデュースでもしてるんですかね〜。気になります。
| Radio | 22:37 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2007.07.24 AIR RADIO TRUE COLORS
Jul. 24, 2007
23:00 AIR
"SURFRIDERS"
23:08 AIR
"OVER THE OCEAN"
23:14 TETE
"ANNA LEE SOLEIL"
23:17 TRAVIS
"EYES WIDE OPEN"
23:23 SCAT
"GET YOURSELF TOGETHER"
23:27 AIR
"WALK THIS WAY"


UP遅れましたが、詳細はこちらのBLOG「またね」に掲載されてます。なんか企画ものが増えて来たようです...。


次回は...

##
次回のTrue Colorsは、久しぶりにスタジオを飛び出して、
都内某お寿司屋さんからオンエア!

AIRの「食」レポ!必聴ですよ。

また、近況やライブ報告、みなさんからの
メールなど、あっという間の30分間!

True Colors どうぞお楽しみに!
##

だそうです。
| Radio | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/10PAGES | >>